Translate

2012年6月9日土曜日

ペンハリガン・ブレナムブーケ 2

帰り、ヒースロー空港の売店で自分のためにオードトワレを選んだ。
たくさんあるテスターを片っ端から試してみて瞬間の印象で一つを
選んだ。香りというのはどんな種類のものも好きである。
インセンスに始まり、植物ではローズマリー、フェンネル、においショウブ
早春に咲くこぶしの花、ローズ、ストック、フリージャ、などきりがない。

そして2010年正月、雑誌 ku:nelの一月一日号の記事、”ヴィオレットの香り”
パリジェンヌ、ヴィオレットという女性の母親のつけていた香水にまつわる話。
そこに登場する香水、英国王室御用達の香水商ペンハリガンのブレナム・ブーケが
そのとき選んだオードトワレだったのです。

夏の香水、ペンハリガン ブレナム・ブーケ。
トップノートがレモン、シトラス、ラベンダー、ラストノートが
パイン、ムスク、ブラックペッパー。男性用の香水である。

ペンハリガン ブレナムブーケ 1